• 小
  • 中
  • 大
アカデミー・キャンプ

フットボールアカデミー・第1回U-19キャンプ(西日本)レポート

9:30 PM

West01
フットボールアカデミー・第1回U-19キャンプ(西日本)参加者たち

 日本アメリカンフットボール協会は、3月28日(金)~30日(日)の3日間、フットボールアカデミー・第1回U-19キャンプ(西日本)を開催いたしました。

 一貫した指導体制の確立、競技力の向上、若手選手発掘の等を目的に昨年度より開始されたプログラムで、本年度はカレッジキャンプからスタート。そしてシニアと続きこの週末最年少・U-19キャンプを迎えた。西日本地区の会場となった関西大学には、24チーム53名の選手が参加。コーチは2014年U-19世界選手権日本代表、山嵜監督をはじめとした代表コーチ陣を中心に13のコーチが指導に当たるという充実したものとなりました。

West01
 はじめに、JAFA強化育成委員会・輿委員長より、世界へ目を向けた国内フットボールのレベルアップ、JAFAのフットボールアカデミーへ取り組み等の説明を受け、続いて朝倉全紀ストレングスコーチ(LIXIL)からストレングス強化の重要性について、レクチャーが行われた。フットボール選手にとって、体を大きくする事、鍛えることがいかに大切か、判りやすく説明されました。
West01
フィールドでは冒頭、U-19日本代表山嵜監督から「代表チームに選抜されることが目標かもしれないが、一番大切なことは毎日、成長する努力を続ける事、その取り組みが一人ひとりを成長させ、チームを強くさせる。このアカデミーでは途中でやめない、最後までやりきる。これを肝に命じて欲しい。」と話し、今回指導に当たるコーチ陣を紹介した。
そしてフィールドにでは身体測定、およびドリル関連のタイム測定が行われ、続いてフットボールスキルの練習が行われた。

2日目は、ミーティングからスタート、ディフェンス/オフェンスに分かれ、用意されたプレーブックが配られインストールが開始。内容の濃いミーティングが行われました。それぞれシステムの説明、普段なかなか出来ない質問など、パートに分かれて充実したミーティングを行った。ミーティングを終えた選手達はフィールドに移動。フルギア練習に臨んだ。新しいチームメイト、普段とは違うプレーや練習の進め方に戸惑いながらも、一つひとつの練習を丁寧にこなしていった。

練習後には今柳田トレーナーからドーピングに対する注意事項が説明され、続いてアカデミーの新しい取り組みである「栄養講習会」が行われた。株式会社明治にご協力いただき、「世界で戦えるフットボール選手のための食事と栄養」をテーマに食事の大切さ、栄養補給のタイミングなどを健康運動指導士の佐々木恒先生に講義頂きました。講義後には選手の食事や生活習慣に関するアンケートを実施、この結果は個々に分析され、次回クリニック時に全員にフィードバックされます。

West01 West01
3日目はパート練習の後、チーム練習に多くの時間を割いた。試合形式の熱気のこもったプレーが随所に見られた。お互い声を掛け合う場面が増え、徐々に一体感が感じられるようになった。
練習後は各パートコーチから選手達に個別にレクチャーが行われる等、内容の濃い3日間となった。

【山嵜代表監督】
この三日間で、皆は確実にうまくなっている。このアカデミーでコーチ陣に教わったことを実践し、更に成長したかたちで次のアカデミーに臨んでもらいたい。一人でも多くの選手がこのアカデミーに参加し、日本のフットボールの底上げに繋がることを期待している。

次回は、5月下旬、日本大学文理学部にてフットボールアカデミー・第2回U-19キャンプが行われる。