• 小
  • 中
  • 大

Heads Up Footballへの取り組み

JAFAフットボールアカデミー・特別セッションについて

安全対策委員長  川原 貴
指導者育成委員長 金氏 眞

公益社団法人日本アメリカンフットボール協会(JAFA)は、選手の安全を最重要課題として取り組んでおり、安全対策委員会は頭部外傷、頚部外傷、熱中症の予防に関する情報を周知する活動を、また指導者育成委員会は公認指導者養成講座において選手の安全に配慮した指導方法を周知する活動を実施しています。
選手の安全確保はアメリカ合衆国においても重要な課題となっており、頭部外傷と頸部外傷の予防のためにアメリカンフットボールにおけるタックリングの方法が大きく変わろうとしています。JAFA理事会は、USA Footballが中心になってアメリカ国内で取り組んでいるHeads Up Football のプログラムを日本でも取り入れる方針を定め、安全対策委員会と指導者育成委員会が中心となって選手の安全確保のために取り組んでいくことといたしました。

この度、Heads Up Football の中心的な推進者であるUSA Footballのスコット・ハレンバック氏とHUFマスターコーチ1名に来日していただき、アメリカにおけるHeads Up Footballプログラムへの取り組みを日本のアメリカンフットボール関係者の皆様方に紹介していただく機会を設けました。つきましては、競技団体関係者、チーム関係者ならびにコーチ、選手の皆様方におかれましては、下記のプログラムにご参加くださいますようお願い申し上げます。

JAFAフットボールアカデミー“Heads Up Football体験会”の説明はコチラ

Heads Up Football(HUF)とは?

アメリカンフットボールをより良く、より安全にプレーするためにUSA Football*が全米各地で展開している新たなイニシアティブ(新たな取り組み)です。
*米国アメリカンフットボールのアマチュア統括団体

昨今、全米でも難題となっているユースや高校フットボール選手の健康や安全面に対して総合的な取り組みを実施しており、従来の指導方法に変革が起こってきております。

HUFの構成は以下の5つの要素で構成されています。
1:Education & Certification(教育と認定制度)
2:Equipment Fitting(用具の正しい装着)
3:Concussion Recognition & Awareness(脳しんとう対策)
4:Heat & Hydration(熱中症対策)
5:Heads Up Tackling(ヘッズ・アップ・タックリング)

Head Up Footballに関するウェブサイト(英語のみ)
http://usafootball.com/headsup#sthash.BHXF1Qjt.dpuf